七つの会議 映画 無料




映画「七つの会議」の動画はTSUTAYA TVの30日間無料お試しで見れます。登録時に1080ポイントもらえて540ポイントで「七つの会議」が見れます。お試し中に解約すれば料金はかかりません

映画館で「七つの会議」を見ました。感想、あらすじ(ネタバレあり)、キャストについて書いてみます。

七つの会議 あらすじ

中堅メーカー・東京建電の営業一課の万年係長・八角(野村萬斎)は、鬼と呼ばれる営業部長・北川(香川照之)を前にしたピリついた営業報告会議中でも居眠りするようなぐうたら社員。ある日、そんな八角が営業一課のエースである課長・坂戸(片岡愛之助)をパワハラで訴える。すると社員たちの予想を反して坂戸が人事部へ異動させられるというまさかの裁定に。これには会社の壮大な秘密が隠されていた。

七つの会議 感想(ネタバレあり)

前情報ほぼない状態で見たんですが、思いのほか面白かったです。原作・池井戸潤で予告映像から野村萬斎演じるサラリーマンが上司のパワハラと闘う話だと思ってました。が、そんな簡単な話ではなく、社会的影響度が大きい、企業のリコール隠しを内部告発で暴くという壮大な話で話が進むにつれてどんどんのめり込んでしまいました。

てっきり黒幕は香川照之でドラマ「半沢直樹」のようにラストで倍返し並みに成敗するんだと思ってましたが、その予想も見事に裏切られました。実際、半沢直樹の土下座シーンを彷彿させるような香川照之が悔しがるシーンはあります。

七つの会議 キャスト

野村萬斎 香川照之 及川光博 朝倉あき 片岡愛之助 藤森慎吾 岡田浩暉 勝村政信 吉田羊 音尾琢真 土屋太鳳 小泉孝太郎 溝端淳平 春風亭昇太 立川談春 世良公則 鹿賀丈史 橋爪功 北大路欣也 役所広司

半沢直樹、下町ロケット、陸王といった池井戸潤作品のオールスター出演みたいな感じです。吉田羊、土屋太鳳、小泉孝太郎、溝端淳平、役所広司なんてチョイ役で出てます。

七つの会議 タイトル 意味

見終わった後、疑問に残ったのが「七つの会議」というタイトルの意味です。てっきり会議が7回あるかと思ったら劇中に出てきた会議は2~3回です。7人のキーマンっていう意味?と思ったけどきっちりこの7人とも選べない。

パンフレット読んだら「七つの会議」というのは複数の会議と言う意味で「七つ」に特に意味はないとのこと。なーんだ。なので「六つの会議」でも「八つの会議」でもいいってことです。

七つの会議 ドラマ キャスト

七つの会議、2013年にNHKでドラマ化されてました(58分×4話)

キャスト

ドラマ          映画
原島万二(東山紀之) 及川光博
八角民夫(吉田鋼太郎)野村萬斎
原島江利子(戸田菜穂)登場せず
佐伯浩光(田口淳之介)登場せず
坂戸宣彦(眞島秀和) 片岡愛之助
浜本優衣(村川絵梨) 朝倉あき
北川誠(石橋凌)   香川照之
宮野社長(長塚京三) 橋爪功

ドラマでは主役は八角ではなく原島だったんですね。確かに映画では原島(及川光博)と浜本(朝倉あき)が視聴者目線で真相を調べているので、原島が主役でも成り立ちます。原作自体も主人公は原島みたいです。

七つの会議のドラマも見たいと思って動画が見れるサイトを探してみましたが、TSUTAYAのDVDレンタルしかなさそうです。ネットでレンタルできます。

野村萬斎 出演作品

野村萬斎は今回の七つの会議、のぼうの城(2012年)、花戦さ(2017年)といい、普段はぐうたらしてるけど、内に熱いものを秘めていて、いざとなったら本領発揮するという役を演じたらピカイチですね。

「のぼうの城」「花戦さ」をまだ見てない人はぜひ見てほしいです。Huluの2週間トライアルで見れますので。2週間以内に解約すれば料金はかかりません

池井戸潤作品で同じくリコール隠しと闘う実話を元にしたドラマ「空飛ぶタイヤ」も見れます。